gototopgototop

スクールコンセプト

サイコロジカル・コーチング・スクール C4 HOME > スクールコンセプト > スクールの特徴

スクールのコンセプトについて

サイコロジカル・コーチング・スクール C4 は心理学領域におけるステップアップ・サポートオフィスです。

C4は、臨床心理士養成のための指定大学院・専門職大学院を受験される方や臨床心理士資格審査を受験される方、

さらには臨床心理士としてすでに活躍されている先生方に対して、何かお役に立ちたいという思いでスタートしました。

C4 の 理 念

 C4では、皆様に、単に「大学院合格・資格試験突破」を目標とするのではなく、「クオリティの高い臨床心理士になっていただくこと」を目標にしていただきたいという理念を持っています。

 とりあえず試験を突破するための知識を身につければいい、自分の目指す大学院で出題されない分野は習得しなくていい、実際に事例へ対応する力――いわゆる実践力は大学院に入ってから学べばいいという考え方もあるかもしれません。しかし、もしご自身がクライエントとしてカウンセラーのところへ行く時、「とりあえず」で過ごしてきたカウンセラーに話したいと思いますか。向上心を持って、多角的な知識を習得してきたカウンセラーに相談したいと感じるのではないでしょうか。

 C4は、講師・スタッフが全員臨床心理士の資格を持っています。つまり、「受講生を指導すること=臨床心理士の後輩を育てること」でもあります。いずれは同じ資格を持つ者となるわけですから、力のある臨床心理士を育てるということに責任を持って指導に当たっています。

 そのために、試験合格の“先”を見据え、大学院入試合格だけでなく大学院生活、資格試験合格だけでなく臨床心理士として実際に働くようになってからのことまで視野に入れた講座を目指しています。基礎知識の習得に加え、一見試験のためには必要が無いような、臨床心理士としての実践力をより高めていただくための内容もプログラムに含んでいます。

 大学院入試をお考えの方には、特に「心理学研究ゼミ」の受講をお勧めします。「心理学研究ゼミ」では、研究計画書の指導や統計法の講義の他、業界内で唯一ともいえる、架空事例をもとにした事例検討を行います。最近は大学院入試で事例問題が出題されることも増えてきたので、入試に必要な知識と言うこともできますが、それだけ、各大学院でも、入学の時点で基礎知識だけでなく事例対応力も重要視されているのです。志望する大学院で事例問題が出題されない場合は、「必要なことは分かるけれど、今はいらない…」と思われるかもしれません。しかし、大学院修了後は、「大学院入学前の時点で事例対応の実践力をある程度身につけていたスタートの早い人」と同じ現場に立つのです。

 臨床心理士を目指すきっかけは様々ですが、人の役に立つサポートがしたい、という思いは皆様お持ちのはずです。人の役に立つ臨床心理士になるために、長い目で見ると、早いうちから実践力を高めておくことがいかに重要か、実感していただけると思います。

 C4で学んでいただいた方には、身につけた知識を生かして、大学院・あるいは実際の現場で「学ぶ」より「実感する」ことでよりクオリティを高めていただくことを期待しています。

 

サイコロジカル・コーチング・スクールC4 代表 臨床心理士 小針健一

筆頭講師 臨床心理士 福井博一

サイコロジカル・コーチング・スクール C4の 3つの強み

講師指導力に特徴あり

講師は全員臨床心理士です。豊富な知識と経験をもつベテランの講師や、精力的に研究に取り組んでおられる先生が担当しておりますので、指導レベルには自信があります。

一体感を意識した学習環境

教室・事務局一体型の環境で学んでいただくことで、利用者同士や講師との交流がスムーズに行えるといったメリットがあります。

資格保有者によるスタッフ力

スタッフの中に臨床心理士がおります。資格保有者ならではの専門知識を踏まえたアドバイスを行うことが可能です。最新の受験情報をすぐに入手できる環境ですので、情報収集もスムーズに行えます。

こんな方は必見です!

大学院進学のために心機一転、ゼロから勉強をスタートされたい方に

臨床心理士養成に関わる指定大学院と専門職大学院の入学試験対策を少人数会員制でサポートしています。
ひとえに試験対策講座ですが、C4は「コーチング」の名のもとに、心理学的知識と臨床心理的技能を習練していただくことを目的としています。大学院のような専門性の高い研究機関の教育システムを目標とした心理教育サービスを行っています。

大学院入学試験対策講座

臨床心理士資格審査を受験される方に

一般社会におけるニーズと臨床心理士の先輩・諸先生方の活動によって、「臨床心理士」という名称は広く世間に知られるようになりました。“こころ”は、個人差が大きく繊細なものであるがゆえに、専門家には“人の人生の重みに触れている”という真摯な姿勢が求められます。専門家としての一定水準の知識力と技術力を資格審査までに獲得し、維持してもらうことを目的としています。

臨床心理士資格審査受験対策講座

当スクールのクオリティ

講師指導力に特徴あり

POINT講師は全員臨床心理士です。豊富な知識と経験をもつベテランの先生や、精力的に研究に取り組んでおられる先生が担当しています。臨床心理士は幾つかの職場を掛け持ちすることも多く、日々目まぐるしく変わる現場での対応は、専門家として大変重要な技術です。C4では、基本的な知識だけでなく、臨場感あふれる実践に基づいた事例なども取り扱った講座を展開しています。

一体感を意識した学習環境

POINT必要な場合に、スタッフがすぐに駆けつけられる、あるいはスタッフをすぐに呼ぶことができるように、教室・事務局一体型の環境となっています。また、大学院と同じような、距離感の近い空間・雰囲気づくりを考えています。小規模設備であるからこそ、利用者同士や講師との交流をスムーズにはかっていただけるというメリットがあります。

資格保有者によるスタッフ力

POINTスタッフにも臨床心理士がおります。心理治療的なカウンセリングを行うことはいたしませんが、この先同業者となる“先輩”として、いつでもアドバイスできる機能を持っています。最新の受験情報をすぐに入手し、そのような専門的な知識を踏まえたアドバイスに活かせるよう努めております。